Skip to content ↓

ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)とは

ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)とは

ユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)は、世界各国から選抜された高校生を受入れ、教育を通じて国際感覚豊かな人材を養成することを目的とする国際的な民間教育機関です。現在までに、イギリス、カナダ、イタリア、アメリカ、香港、ノルウェー、オランダ、ドイツ、日本等、世界各地に18のカレッジ(高校)が開校されています。

UWC国際本部はUWCを、平和と持続可能な未来のため、教育が人、国、文化を結び付ける力となるようにする、世界的な運動と位置付けています。

 

Colleges

 

 

 

参考:What is UWC?(英語)
https://www.uwc.org/about

 

UWCの沿革

UWCの創設者であるカート・ハーンは、1955年にパリのNATO防衛大学での講義に赴いた際、ほんの少し前まで第二次世界大戦で敵対していた軍人たちが協力と忠誠心を示したことに感銘を受けました。

ハーンは、すでに多くの学校や教育機関の設立に関与しており、教育に対する考え方を常に練りあげていました。彼はその当時、社会における「思いやりの減少」の流れを反転させる必要性と同じくらい、平和への道筋としての教育の力について頻繁に語っていました。

UWCの誕生は、これらの考え方が融合したものでした。

1962年に最初のカレッジであるアトランティック・カレッジ(現在はUWC アトランティックに改称)が開校しました。カレッジは、異なる背景を持つ若者たちが共に教育を受ければ将来の争いごとを防ぐための理解を深めることができる、という考えに基づいて建てられました。

その後も世界各地でカレッジが開校し、2017年には International School of Asia, Karuizawa (ISAK)が17番目のUWCカレッジであるUWC ISAK Japanとなりました。